ポイント還元率を重視したクレジットカードランキング

■特定の月に還元率が高まるクレジットカードランキング

クレジットカードの中には誕生日のある月だけポイント還元率が高まるなど条件を満たすと高還元になるサービスが存在しています。そのなかでも今回は誕生日に限らず特定の月にだけ還元率の高まるクレジットカードをピックアップしました。クレジットカードの使い方は人それぞれですが、複数のクレジットカードを手元に置いておき月によって使い分けるのも賢い使い方です。毎月還元率が高くなるような使い方をして、何か一つのポイントに集約するなども賢いかもしれません。

・ランキング1位 ライフカード
クレジットカードとしての人気も高いライフカードですが、その理由として各種ボーナスポイントの制度が充実しているということが考えられます。特にその中でも誕生日のある月にはポイントが5倍になるという驚きのボーナス制度があります。誕生月は一年に一回しかありませんがこの誕生月ボーナスを活用すると最大で還元率が3.4%にも達します。ライフカードのポイントは1ポイント辺りの換算額が定率ではなく交換するものによって多少は左右されるのですがそれを加味しても誕生月の3%以上は十分な値でしょう。誕生日だからちょっと自分にご褒美を、なんて時はこちらのクレジットカードがランキング1位を陣取ります。

・ランキング2位 Ponta Premium Plus
こちらのクレジットカードは7月と12月という月の指定はされていますが、これらの月に10万円以上利用することによってポイントの上乗せサービスが受けられます。10万円以上で0.5%のボーナスそして月間20万円以上で1%のボーナスとなり基本的なポイントと合わせると還元率は2%となります。ポイントの有効期限は最終利用日から1年という制限はありますが、これらのボーナスが入る月だけでもこのクレジットカードで纏めて決算をすればそれなりに大きなポイントが長い目で見てみると貯まるでしょう。Pontaポイントは貯めておくと活用方法が多岐に渡りますのでメインのクレジットカードとして使うことも考慮しても十分な性能です。

・ランキング3位 ブライダルデーカード
こちらはぐるなびが提供しているブライダルデーというサービスとの提携クレジットカードであまり有名ではないかもしれません。事前に登録した結婚記念日が含まれている月にはポイントが5倍になるという太っ腹なクレジットカードです。こちらのクレジットカードも年間利用額に応じてさらにボーナスポイントが加算となり、これらのボーナスを合わせると結婚記念月には3%の還元が得られます。還元率はたかいのですが少しマイナーなのでランキング3位としてしまいました。

■ヘビーユーザーなら還元率が大きいクレジットカードランキング

クレジットカードのポイントボーナスとして年間や月間の利用料に応じて還元率がアップする仕組みやボーナスが与えられることがあります。支払いのほとんどをクレジットカードで済ませているヘビーユーザーの方にはなるべくこの実質的に高い還元率を得られるクレジットカードを使ってもらいたいと考えています。月間の利用額とそれのポイント還元率についてランキングにしています。

・ランキング1位 ILLUMINATIONS CARD
初年度は年会費が1500円かかってしまうのですが、年間5万円以上の利用で次年度の年会費が無料になります。また年間の利用額に応じてポイントの還元率も大きく変化してきます。ポイントを何に交換するかによって多少の誤差はありますが30万円の時点では1.4%なのに対して年間300万円以上使用すると還元率は2%になるなどまさにヘビーユーザー向けのクレジットカードとなっています。デザインは少し女性向けのようにも見えますが、入会資格としては男女ともに対象となっていますのでご安心ください。

・ランキング2位 リクルートカードプラス
こちらのクレジットカードは利用額に応じて還元率は高まらないのですが常時還元率は2%であるという還元率としては最強クラスに入るクレジットカードです。年会費が2000円必要となることから利用額が少ないとその還元率は実質的に下がってしまいます。還元率の高まる境目としてはやはり100万円以上使用するかであると思います。100万円の利用で実質的な還元率は1.78%程度さらに使い続けて300万円を越えると1.93%程度になりますのでかなりの高還元クレジットカードに変身します。年会費がもう少し安ければクレジットカードの性能としてはランキング1位も視野でしたが、年会費2000円ということも考慮してこのランキングとさせていただきました。

クレジットカードのポイントシステムとして次のような法則が概ね存在します。1つめは年会費の掛かるクレジットカードはポイント還元率が高くなること、2つめはクレジットカードによっては使うほど還元率が高くなることです。年会費無料のクレジットカードを使っているうちは良いですが、年会費が掛かるクレジットカードに切り替えてポイントを貯める際にはどれぐらい使えば年会費以上の利益を得ることが出来るのかしっかりと分析してから申込みをするようにしてください。

■電子マネーで還元率が高まるクレジットカードランキング

クレジットカードを用いたポイントの貯め方として一つ考えられるのは、クレジットカードで電子マネーをチャージしてその電子マネーで決算をするというものです。最近では電子マネーに対応している店舗も増えてきましたので小さい買い物であっても電子マネーを積極的に利用することによってポイントが貯まっていくことが考えられます。特に電子マネーをチャージすることによるポイントと利用することによるポイントが得られるようなクレジットカードもありますので実質的な還元率はどんどん大きくなっています。

・ランキング1位 Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
こちらはゴールドカードなので年会費はかかってしまうのですが、もともとは携帯電話に使用されていたiDと最近主流となってきQUICPayに対応しています。このどちらに関しても大手のコンビニから最近ではスーパーであっても利用できる店舗が増えてきている電子マネーであり利便性は決して悪くはありません。後払いでチャージする必要が無いですのでポイントの二重取りは出来ないようにも見えますが、はじめからクレジットカード会社が電子マネー利用に対しては0.5%のボーナスを付けてくれていますので他社での二重取りに負けないポイント還元率を叩き出しています。

・ランキング2位 ECナビカードプラス
こちらは最近勢力を拡大してきたnanacoとの連携によってポイント還元率が高まってくるクレジットカードです。基本的な還元率は1.1%なのですが、nanacoチャージと利用の二重取りをすることによって最大2.3%まで還元率を高めることが出来ます。今回はまだランキング2位とはしているのですが今後のnanacoの拡大によっては2.3%の還元率はダントツの1位になれる可能性も秘めているクレジットカードです。有効期限も実質無期限にすることも出来ますのでポイントをどんどん貯めたい方にはおすすめのクレジットカードです。

・ランキング3位 VIEW Suica
こちらは関東地域で主に発行されているSuicaと連携したクレジットカードです。以前は会社間連携がされていなかったので高機能でも紹介しにくかったのですが、今では各地域と連携されてきているため関東圏以外でも利用が可能ですSuicaのチャージでは常時1.5%の高還元率を誇っており指定の商品を購入するとボーナスが付くこともあります。年間利用額に応じて多少なりともボーナスポイントが発生しますのでその点も考慮してランキング3位に選定しました。

■クレジットカードを還元率でランキング付け

クレジットカードのポイント制度が各社によってまちまちになってきました。高還元を誇る新しいカードが出てきたと思えば、今まであったクレジットカードが改悪されてしまったりと昨今のクレジットカード業界は激しい変化が続いています。そんな中でクレジットカードの還元率をランキング化するとなると注目するポイントは3項目考えられるでしょう。

1つめのポイントは年会費が掛かるかどうかです。最近では年会費が多少なりとも必要であるが、高還元のクレジットカードが多くなってきました。これはクレジットカードは無料でありポイントも還元されるという時代から考えたら大きな変化です。年会費がかかってしまうことによって実質的なポイント還元率も変わってくる点も今までには無かった観点です。還元率をランキングにしていくと、やはり年会費が掛かるカードは上位を占めています。ですが、制度改正が激しいクレジットカード業界においていつ還元率が変更されるかは誰にも分かりません。年会費が必要となる分、実質還元率は下がっていますので年会費はなるべく安いもの選んではおきたいところです。
2つめのポイントは年間の利用額です。こちらも1つめのポイントに関わってくるのですが年間利用額に応じて還元されるポイントの還元率が変わったりボーナスポイントが付与されることも多くなってきました。また純粋に年間利用額が少ないにも関わらず年会費を払っていると年会費分ですらポイント還元されない危険性も含んでいます。自分は年間どの程度クレジットカードでの決算をしていてどれぐらいのポイント還元が見込まれるのかによって選択するクレジットカードのランキングは大きく変わってくるでしょう。
最後のポイントはポイントは自分の思い通りに使えるかです。いくら還元率が高くとも貯めたポイントが自分の使いたいものに交換できなければクレジットカードで決算する意味がありません。クレジットカードで高還元を受けるメリットというのは普段の支払いをすることで、自分の求めている何かと交換できたり支払金額に充填できる部分にあります。純粋に還元率だけでランキング付けをしたものを参考にすると自分の思っていたのとは違う用途にしかポイントを活かせれない可能性もあります。還元率ランキングももちろん興味を持ってもらいたい部分ですが、どういった前提で何に使えるランキングなのかは合わせてチェックしておくようにしましょう。

■Tポイントの還元率が高いクレジットカードランキング

使用できる店舗数は全国49万店を超えたともいわれているTポイント。現在の日本において最も勢力のあるポイントシステムと言っても問題はないでしょう。最近ではさらに利用可能箇所が増えており、牛丼店から大手のスーパーや百貨店でも利用できるようになるなどその拡大スピードには目を引くものがあります。そんなTポイントもクレジットカードの使い方次第では手軽により大きな還元率で手に入れることが出来るようにもなってきました。特にTポイントとソフトバンクが提携したことによってさらにためやすいポイントシステムになってきた印象を受けています。

・ランキング1位 Yahoo!JAPANカード
何と言ってもTポイントを貯めるにはこのクレジットカードを外すことは出来ません。クレジットカードの利用で貯まるTポイントの還元率は1%と他社を差し置いて1位となっています。また同社の提供するYahoo!ショッピングでの買い物の場合には倍の2%還元を受けることが出来るなどメインカードとして所持するだけで高い還元率でTポイントを貯め続けることが可能となります。ここまでの還元率はでありなが、年会費は無料のクレジットカードであり利用者には嬉しいこと尽くめです。クレジットカードとしての性能も高く特に買物保険は年間100万円までではありますが付帯されていますのでYahoo!ショッピングとの相性は抜群です。

・ランキング2位 ファミマTカード(クレジットカード付きタイプ)
コンビニ大手のファミリーマートでもTポイントが貯まるようになってきました。ここで注意していただきたいのはファミリーマートにはクレジットカード機能が付いていないタイプのTカードも置かれています。こちらは還元率が異なってきますので注意してください。クレジットカードが付帯されているファミマTカードでは、毎週火曜日と土曜日に買物をするとショッピングポイントが最低3倍、クレジットポイントが2倍と非常に高い還元率でTポイントがてにはいります。また25歳以下のクレジットカード会員限定とはなりますが、ファミリーマートでのクレジットカード支払いではいつでもポイントが2倍になる機能も付いています。ファミリーマートで公共料金などを支払う際にも使用できますので、日々の使用で十分にポイントの貯める還元率の高いクレジットカードの1枚です。

・ランキング3位 ソフトバンクカード
冒頭でも述べましたがTポイントはソフトバンクとの提携が始まっています。こちらはソフトバンクユーザのみが持てるクレジットカードで、ソフトバンクの携帯番号にTカードの番号を連携させることで200円につき5ポイント貯まるなど還元率が優遇される仕組みが組み込まれています。ソフトバンクユーザであれば活用すべきクレジットカードですが、ソフトバンクの携帯電話を契約していないと持てないクレジットカードですのでランキングとしては3位止まりとなっています。