気になるクレジットカードの年会費 みんなの気になるランキング

■こんなクレジットカードがあるの!?驚きの年会費が設定されているランキング

年会費無料のクレジットカードが山のようには行されている中で、超高品質なサービスを提供する超高額な年会費を取るクレジットカードも存在しています。いわゆるブラックカードといわれるものやプラチナカードと呼ばれるものの一部がこれらに該当します。クレジットカードの年会費にここまで支払うのか!?と思うような驚きの価格設定もありますのでぜひランキングでご確認ください。

・ランキング1位 Visa Infinite Exclusive 年会費不明(推定1000万円:10万米ドル)
いきなり意味の分からない数字を出してしまいましたがこちらが私の知る限り最も年会費の高いクレジットカードとなっています。クレジットカード自体に純金とダイヤモンドを使用しており、カードそのものの価値がまずおいくらなのか気になってしまうほどのこちらのクレジットカード。年会費も正確な値は公表されていませんが、海外サイトなどによる考察を集めた結果この程度の年会費となりました。日本では発行されていないクレジットカードであり所有者と遭遇することも今後ないとは思いますが、一度は実物を見てみたいクレジットカードの一枚です。

・ランキング2位 アメリカン・エキスプレス・カード センチュリオン年会費:35万円
いわゆるブラックカードといえばこちらのクレジットカードを指しているでしょう。真っ黒なカードに刻まれるアメリカンエキスプレスの文字は見る人を圧倒させる貫禄があります。サービスについても圧倒的な特典を付与しており法律などに違反しないことであれば何でも実現できるように努めてくれるとも言われています。

・ランキング3位 SBIワールドカード 年会費15万円
ここにきてやっと現実味のある年会費になってきましたがそれでも15万円のこちらのクレジットカード。SBIが発行しているクレジットカードで流通量と年会費のバランスで考えたときもっとも希少価値が高いとも言われています。こちらの国際ブランドはMasterCadeとなっており日本国内ではこちらの1枚しかブラックカードに属するものはありません。

年会費が10万円を超えるクレジットカードは他にも存在しており、そのどれもが独自のサービスを提供しています。手に入れることは決して容易ではありませんし逆に恐ろしくて使うのをためらってしまうかもしれません。ですがせめて実物だけでも見てみたいものです。

■年会費無料でETCカードをGET おすすめクレジットカードランキング

クレジットカードの付帯サービスとして嬉しいのがETCカードが使えることですよね。しかしながら、最近は無料のものも増えてきていますがまだETCカードの発行は有料であったり手数料が必要となってしまうものもあります。つまりクレジットカードの性能とETCカード発行に掛かる費用とのバランスを気にしなければなりません。ETCカードを積極的に使いたい方はポイント還元率をはじめとしてクレジットカードの機能とETCカードの維持に必要な年会費などを以下のランキングを参考に考えてみてください。

・ランキング1位 リクルートカード
年会費無料でポイントもよく貯まるクレジットカードとして人気が高いリクルートカードですがETCカードの発行においても堂々のランキング1位としています。クレジットカードの維持費も無料でありながらなんとETCカードの発行や年会費も無料という太っ腹な対応をしてくれています。国際ブランドもVISAとJCBに対応しているなどポイントサービスも国際ブランドの価値としても問題はありません。ETCカードの点を加味しても十分ランキング1位でしょう。

・ランキング2位 REXカードLite
こちらのクレジットカードも年会費無料でポイントも貯めながらETCカードの年会費も無料というリクルートカードに劣らないクレジットカードです。ポイントの還元率も悪くなく自動的にキャッシュバックに使用されるなどのシステムも作られています。しかしながらETCカード以外の面ではポイントの貯まる単位が2000円と少し大きな買い物をしなければたまらなかったり有効期限が2年に設定されているなど還元率を有効に活用するには少し頭を使う必要があります。ポイントの面を考慮してETCカードは無料ですがランキングでは2位としました。

・ランキング3位 dカード
携帯電話でDocomoを使用されている方には人気の高還元率のクレジットカードがこちらのdカードです。還元率は常時1%の高機能ながらこちらのクレジットカードもETCカードは初年度年会費無料、翌年度以降も1回以上の利用で年会費無料とETCカードユーザであれば実質年会費無料が続くものとなっています。クレジットカード自体の年会費も同様で初年度が無料、翌年度は一度でも使用すれば無料となっています。実質年会費が続くクレジットカードなのでDocomoユーザでなくとも持っておく価値はあるかもしれません。

■年会費を抑えて空港ラウンジが使えるクレジットカードランキング

空港ラウンジが使用可能なクレジットカードは何となく年会費も高くなっている印象を皆さんお持ちのようです。昔は高級なゴールドカードでたくさんの年会費を支払うことで使用できたのが空港ラウンジでしたが、最近では空港ラウンジは年会費が格安のゴールドカードでも使えるようになってきました。今回は空港ラウンジでクレジットカードを選んだときにおすすめ出来るものをランキングとしてピックアップしていますので是非ご参考にしてください。

・ランキング1位 UCSゴールドカード
年会費3000円で初年度は無料という格安ゴールドカードでありながら国内28空港のラウンジが使用できることに加えてホノルル空港も利用できるなど日本国内での利用では十分すぎるクレジットカードです。ポイントの還元率も基礎ポイントは少ないですが条件を満たすと大幅にアップする仕様となっていますので旅行を中心にメインカードとして利用すれば年会費分は実質無料でになるといえるでしょう。

・ランキング2位 楽天プレミアムカード
クレジットカードの付帯機能としてプライオリティ・パスを手に入れるには楽天プレミアムカードの年会費が日本では本会員のみの中では最安値となってます。年会費は1万円と最近のゴールドカードの中では特別高いわけでも安いわけでもないですが、手の出しやすい価格設定となっています。ゴールドカードのサービスのみならずプライオリティ・パスのサービスも付帯しており、また楽天プレミアムカードを持つ会員向けの得点ではトラベルに特化したものも選択が可能です。空港ラウンジが使用できるだけではなく年会費が1万円ながら羽田・成田・中部・関西空港では海外旅行の出国時か帰国時に手荷物の自宅への無料宅配が年に2回まで利用できるのも嬉しい特典です。

・ランキング3位 JALアメリカン・エキスプレス・カード
同乗者と一緒に空港ラウンジを使いたいのならこのクレジットカードに年会費でまさるものは無いでしょう。家族との旅行であれば家族カードを作ることによって空港ランジを使えることは多々あります。ですが、家族ではない人と旅行する場合には優待料金であっても支払いは必要になることが普通です。しかしながらこのクレジットカードならば年会費6000円でありながら同伴者が一人無料になるという特典が付いています。数千円の利用料を支払うことを思えばこの年会費は2-3回使用すれば実質0円かそれ以上の価値になります。

■年会費無料も?ゴールドクレジットカードのおすすめランキング

年会費1万円程度が主な相場となっているゴールドクラスのクレジットカードです。その年会費だけの価値があり各社細かいサービスは異なっていますが、主に空港ラウンジや旅行傷害保険の付帯そして専用デスクへの問い合わせ対応などが挙げられます。特に空港ラウンジを利用したいがためにゴールドカードを持つ人も少なくなくクレジットカードを上手く活用する一つの手段となっています。そんなゴールドカードも年会費が条件付きで無料になるものまで出てきました、そんな新しいゴールドカードの世界をランキングでご紹介します。

・ランキング1位 三井住友VISAゴールドカード
日本国内では有名な三井住友VISAカードが発行するクレジットカードでゴールドカードとしては申し分のない十分なサービスが付帯しています。年会費は初年度無料で翌年度以降は1万円ですが、条件を満たすことによって最大6000円引きとなりますので実質4000円でゴールドカードが持てるというコストパフォーマンスの良さを見せつけています。24時間年中無休で医師や看護師に無料で電話相談が出来る「ドクターコール24」という独自のサービスも提供されており通常のゴールドカード以上の付帯価値とも言える1枚です。

・ランキング2位 エポスゴールドカード
初年度の年会費も5000円とゴールドカードとして安い部類に入りますが、なんとこちらは条件を満たすとずっと年会費が無料となります。またその条件も年間50万円位上の決算ということで、クレジットカードを積極的使っている人の場合メインカードとして使用すればなんら問題のない金額ではないかと考えることが出来ます。空港ラウンジが使えたり全国7000点で割引といった優待を受けれるなどゴールドカードらしさも独自に提供しています。年間100万円以上の利用でポイント還元率が1.5%になるのもランキング上位の理由です。

・ランキング3位 MUFGカード ゴールド
三菱UFJニコスが発行する年会費が2000円と破格のゴールドカードです。ただでさえ年会費は安く設定されているにも関わらず、条件を満たせば年会費は1028円になるなどもはやゴールドカードとは思えない価格帯で発行されています。機能もそれなりに充実しており、必要なサービスが破格の値段で受けれると思って間違いないでしょう。空港ラウンジが少し対応不足な点も考慮してランキング3位ですがコストパフォーマンス的にはランキング1位としても良いかもしれません。

■私のおすすめ 年会費以上のプラチナクレジットカードランキング

昔はプラチナカードといえばクレジットカードの最高峰レベルで庶民が持てるものではありませんでした。しかし、クレジットカード業界の変化に伴い、安い年会費で高機能なプラチナカードが発行される時代となってきました。年会費無料のクレジットカードが多数ある中で年会費2万円を超えるクレジットカードは少し気が引けてしまうかもしれませんが今回はクレジットカード好きなら持ってみたいプラチナカードをランキングにしています。

・ランキング1位 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
なんといっても年会費2万円からアメリカン・エキスプレス・カードのプラチナが持てるこちらの1枚がランキング1位でしょう。学生を除く20代から申込可能であり、特定の条件を満たすと18600円の年会費となるなどプラチナカードとは思えない安さで提供されています。プラチナカードとしてのコンシェルジュ機能やアメリカン・エキスプレス・カードから発行されるプライオリティ・パスなどはもちろんのこと旅行時の万が一の備えまで充実しておりランキング1位として言うことのない1枚です。

・ランキング2位 JAL・JCBカードプラチナ
こちらのクレジットカードは年会費31000円で固定ですが、プラチナカードではあまり多くないJMB WAONへのチャージでマイルが貯まるサービスが人気です。チャージに発生するポイントと、WAON自体を使用することにより発生するポイントでポイントの二重取りも可能となっておりプラチナカードでマイルを貯めたい方には日頃の利用と空の旅どちらでも貯まる優秀な1枚となっています。プラチナカードとしての機能も年会費より充実しており、コンシェルジュデスクやプライオリティ・パスなどの機能はもちろん提供されています。

・ランキング3位 SBIプラチナカード
こちらは年会費20000円で固定のMasterCadeが発行するクレジットカードです。他のブランドとは異なりMasterCadeが提供するコンシェルジュ世界に約350箇所ある空港ランジをこのクレジットカードを提示するだけで年に6回まで無料で利用できる「ラウンジ・キー」と呼ばれるサービスが提供されています。申し込み制限も特に無く学生を除く20代か対応してもらえうることもランキング3位への選出条件としています。

プラチナカードは年会費の差が大きいだけではなく、他社とのサービスの違いが顕著です。自分が求めるサービスがどのクレジットカードで提供されどれぐらいの年会費なのかはここのランキング以外でも注意しておきたいですね。